けんちくしとうつろろの合同公演『ヌガー・グラッセが溶けるまで』

公演情報

企画概要

今公演は1980年12月8日、ジョン・レノンがマーク・チャップマンによって銃殺された事件をモチーフに着想いたしました。

主軸となるのは、激しい自己嫌悪と膨張した愛と羨望によって、憧れの対象を殺害してしまう女性と、若くしてこれ以上ない栄誉をつかんだ女性の2人。

歪んだ愛情により狂気に至るまでの絶望や葛藤、反対に誰もが羨むこれ以上ない名誉とお金を手に入れながら、不条理に人生の幕を閉じてしまう悲哀。その2つをテーマに描きたいと考えています。

あらすじ

12月8日未明、足立結憂が殺されたーー。30年ぶりの記録的な大雪に埋もれる、幻想的な旅館の佇まいとともに、衝撃的なニュースが日本中に報じられた。

15歳でデビューを飾り、国民的なアーティストとして愛されていた足立結憂は、7年前、突如として表舞台から姿を消した。いまだその楽曲の数々は、色褪せず、多くの人の心に勇気を与えている。

犯人は都内の派遣事務として働く、小林瞳。彼女の口から、少しずつ真相が語られはじめる。

「私が信じるのは、足立結憂。そしてあの曲『ヌガー・グラッセが溶けるまで』ーー」

公演タイムテーブル

3/18(金) 19:30 ※推しCD割
3/19(土) 14:00/18:00
3/20(日) 14:00/18:00
3/21(月・祝) 13:00/17:00
受付開始・開場は開演の30分前です。

上演場所

遊空間がざびぃ

アクセス

JR中央・総武線西荻窪駅 徒歩8分

アクセスサイトURL

ヌガー・グラッセが溶けるまで
第19回杉並演劇祭参加作品 けんちくしとうつろろの合同公演『ヌガー・グラッセが溶けるまで』 公式サイトです。2022年3月18日(金)~2022年3月21日(月・祝) @西荻窪がざびぃ

出演

金橋明加理
望月ミキ
シゲキマナミ
黒川隼也(劇団SUBUTA!)
加藤優季(2.29企画)
山本祐太
根間健太郎(けんちくし/演劇集団Rubbish)
知久貴大(けんちくし/劇団AIR)

スタッフ

脚本・演出:越智良知

チケット

前売:2,800円
当日:3,000円
※3/18(金)19:30の回は推しCD割! お好きなアーティストのCDを受付に提示でチケット料金を500円割引いたします。

チケット予約サイト

ヌガー・グラッセが溶けるまで 予約フォーム

お問い合わせ

kenchiku.lolo@gmail.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました